テニス 練習のコツ などを考えていたらシンプルだった

早くも10月スタッドレスタイヤのCMをよく見る時期になってきました。

加盟団体がはじまりなんとなーく練習モードなのでラケットを握ったりテニスの事を考えることが多いです。

そして食欲の秋も相まって、お腹周りがぷにってきていますが、PCカタカタさせながら、たまに背筋を伸ばし、お腹に力なんか入れみてます。

ときにバキバキの腹筋をイメージしながら。

そうイメージ、イメージ。

さて今回はテニスのモチベーションが上がって練習したり、色んな情報を収集する中で感じたことを感じるままに。

テニスで上手い人や勝つ人はここが違う!

そんなこんなで最近上手な方々と練習する機会が多いので、感じたことを…

その1

プレーが安定している!

レベルが上がるにつれて安定感が上がってきます。

基本最近はダブルスしかやらないのでダブルスで例に例えると、

よっぽどじゃないとリターンミスはしなかったり、サーブ打った後の3球目をしっかりコントロールしてます。スマッシュなどのチャンスボールミスもほとんどないです。

ショット練習を多くしている(していた)というのは大前提ですが、判断のミスが少ないように思います。

その2

ショットに意味がある。

上の判断ミスが少ないのにもつながりますが、プレーしていると僕の方にチャンスが来ることが多いんですよね。

優位な時にはストロークをしっかり沈めてチャンスをつくり、反対に時間を作りたいときにはスローなボールを一撃では決められないところにコントロールしてます。

考える習慣やイメージがあるのでポジションや判断が良いです。

その3

脚がめっちゃ動いている。

強い人はフィジカルの強い弱い関係なく、常に一生懸命動いています。

そして練習からそんな雰囲気を全体が出してます。

練習でも1ポイントを無駄にしない。そんな心構えを感じます。

どうでしょう?何となくショートラリーしてミスしてませんか?

これもテニスがうまい人はミスしません。

ショートラリーでミスしないのが当たり前になっているし、その心構えができているのだと思います。

練習中に無二の一球の気持ちである時間が人より長いんです。

球数打つ練習はした方がいいなって

これは大人になると中々できないです。

でもジュニアや部活生は絶対やった方がいい。

フットワークとかチャンスボールは球数を打たないと良くならないなってひしひしと感じます。

ゲーム形式をしていたらまぁチャンスでミスります、なんでこんなボールミスるんだ…ありえんやろー!みたいなケース多々あります

これは思うに純粋に球数が足りない。ただそれだけです。

かんたんなボールでいいのでひたすら打つ。

この練習が圧倒的に足りないんです。

簡単なボールを前後のフットワークでバウンドが高いところに来たところでしっかり打つ。

スマッシュ、打つ。

詰めボレー、打つ。

バスケのシュート練習のように地味な練習もテニスには絶対必要です。

地味練!プロもやっています。

そして個人的にやりたい…

僕が最近よく見ている動画→いなちん-Tennis TV

まとめ

加盟団体が近づいて、テニス熱が上がってきています。

なので若干熱入り気味でブログを書きました。

皆さんに耳よりな内容はほとんど書けませんでしたが、

つまり!

テニスが強い人や上手な人は1ポイント、1球を大事にしている習慣がついていてプレーのクオリティ高いなと改めて感じました。

プレーのクオリティを上げるには→積み重ねの練習(時間が必要)

少ない時間でも練習の質を上げるには→練習にテーマをもち、一生懸命動く(刺激になる環境だと尚good)

シェアする

フォローする