【札幌テニス草トー】K&G planning 2018年真夏の団体戦

お盆休みが終わり、夜も涼しくなってきましたね。

2018年夏終わった…。

猛暑だと言われていたが、北海道はつかの間の夏

わずかの間でしたがテニスの観戦などでお肌はこんがり、どうしよう!この日焼け!もう日本人とは胸を張って宣言できない。そんな夏でした。

さて、今回は先日野幌で行われました K&Gplanningさんが開催したテニスの草トー【真夏の団体戦】のお手伝いをしてきたので、その様子を書いていきます。

K&Gplanning 真夏の団体戦とは

つどーむの雪だるまカップでおなじみのテニスの草トーナメントを運営しているK&Gplanningが今年から開催した夏の大型チーム戦です。

今回の会場は8月18日(土)に野幌総合運動公園のテニスコートでした。

今大会の基本ルール

男性3人、女性3人でチーム組みます。

男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルスの3ペアで試合をし2勝したチームが勝利チームとなります。

試合ルール

今回は6ゲーム先取ノーアドバンテージでした。

加盟団体などでもおなじみの草トーで一番多いパターンのルールです。

チームが1勝1敗でゲームカウントが5-5でポイントが40-40になったら、選手もチームメイトも観戦している人も全員震えるパターンがあり得るタイプの試合です。まさに天国地獄

落として負けたら本当に後悔するんですよね…。

『なぜおれは…あの時、あのコースを選んだんだ!』なんて

『まぁこれも取り組んできたすべての時間のせいだよ。』と考えると意外と気が楽になります。

そしてそんな緊張感や自問自答や反省が試合の醍醐味ですよね。

試合の進行方法

今回は総勢27チーム、約200名規模ぐらいの大会でした。

3チームの予選リーグが9つありました。

A~Iブロックがみたいな感じですね。

予選が終わると、順位リーグに進みます。

各ブロックの1位で再度リーグ分けをしていました。

各位9チームで再び3チームのブロック分けをし戦い、各ブロックの1位チームは決勝トーナメントにという盛りだくさんな内容。

予選リーグ2試合、決勝リーグ2試合はできるので最低でも4試合はできる長期戦です。

試合数をたくさんできるのは出場者にとってうれしいですよね。

やっぱりテニスの醍醐味は試合ですから!

試合のレベル

試合のレベルは今大会は特にレベル分け(何級以下など)がなかったのでオープン大会でした。

決勝トーナメントのレベルはかなり高かったです。

ただ来年からは今大会の成績によって1部、2部などの部に分かれるそうなので、それも楽しみですね。

そして上手な人や普段練習では当たらないような相手とテニスするのはオープンの大会じゃないと出来ないので、それはそれで新たな扉が開くかもしれません。

やっぱり大会(草トー)良い

そんなこんな今回私は試打会もやり、色んな試合を観戦し、大会会場の空気を堪能したわけですが、思ったのは大会は良い!そしてチーム戦は楽しい!

何が良いか。楽しいのか。以下個人的主幹を熱弁!

スノワート試打ラケットかなりもっていきました!初めてお会いする方ともいろんなお話をさせて頂きました。

チーム戦は本当に楽しい

まず今回のようなチーム戦はチームは大きく分けて2パターンがあります。それぞれの楽しさを熱弁。

気ごころ知れた中でチームを組むというパターン

これは仲良しチームです。

これはお察しの通り、和気あいあいと盛り上がりながらテニスが出来ます。

はい!楽しい!

たとえ負けても楽しい一日で終われます。そしてまた一緒のチームで出場するのも楽しみになります。

そして打ち上げなんかやった日には…

はい!楽しい!

もはや黄金ルートです!

あんまり知らない方達とチームを組むというパターン

これは知人から声がかかり人数集めや助っ人で参加する。そんな例です。

これは仲良しチームとはまた違った面白さがあります。

テニスを通じたコミュニケーションをとることにより、新たな友達やテニス仲間ができます。

試合が進みチーム内メンバーがお互いを知ることによって、盛り上がってきます。

そして試合が終わるころには「また、テニスしましょう(試合出ましょう!)」と一日の終わりが少し寂しくなるような、そんな気持ちになるかもしれません。

社会にでると中々新しい友人は出来にくいですが、社会人スポーツ(特にテニスは)によって普通にすごしていたら知り合えないような色々なつがりができます。

色んな情報や練習仲間を増やすにはすごく良いと思います。

賞品が豪華(なことが多い)

団体戦の場合は比較的賞品が豪華な場合が多いです。

あくまでもテニスの試合を楽しむのがメインですが、やっぱり勝ちたい!

勝ったら勝ったで、貰える景品が気なります。

大会にもよりますが、割とメジャーなのが

お酒1ケースやカップ麺、北海道ではりんごカップでおなじみのりんごの収穫や大量のじゃがいも、野菜がもらえたりと団体戦の賞品は比較的うれしいものが多いです。

関東などのホントに大きい大会では旅行券がもらえたりするとかというのも聞いたことがあります。

さいごに

今回はK&G真夏の団体戦のレポートをしました。

7月から10月までは大会が多いので是非探して出場してみてください!

そして大会出たいなーって思った人はどんどん出ちゃいましょう!

また違ったテニスの扉が開くかもしれませんよ。

さあインドアシーズンも残すことあとわずか頑張りましょう!

大会ってどうすれば出れるの?何すればいいの?そんな方は

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

インスタグラム、ツイッターのフォローもお待ちしております。

シェアする

フォローする