全豪オープンテニス、平昌オリンピックを見て

こんにちは

まだまだ寒いですが札幌雪まつりも終わると、春を待つ感じになりますね。

今回はテニスに関係ありそうでないことを少々…

まずは先月のテニス4大大会のオーストラリアオープン!男子は若手シードの活躍で新世代のチャンピオンを期待していましたが、優勝は皆様ご存知のレジェンド!ロジャーフェデラー(36歳)

MELBOURNE, AUSTRALIA – JANUARY 16: Roger Federer of Switzerland plays a forehand in his first round match against Aljaz Bedene of Slovenia on day two of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 16, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Ryan Pierse/Getty Images)

女子は15歳のマルタ・コスチュク(ウクライナ)の快進撃は注目していましたが、優勝はウォズニアッキ(27歳)

日本人選手はダブルスではマクラクラン勉選手が大躍進!!そして杉田選手がソックにジャイアントキリングを!!リアルタイムで見ましたがかなり安定してました。

そして西岡選手もケガからカムバックしたので、今年の1年楽しみが増えた気がします。

女子選手も予選からたくさんの選手が出場していたので、注目したいと思います。

話は変わり、平昌オリンピック!

ジャンプ競技は高梨沙羅選手がなんとかメダルを取るも、今シーズンのW杯通りの結果でした。オリンピックの場で上位3名が力を出し切っているのはレベルの高さを感じました。

特に女子スケートのメダルラッシュは凄かった!小平選手の500mの金とパシュートの金は鳥肌モンでした。特にパシュートの金メダルを取った高木選手はドラマが凄かった3000mからはじまり、1500mでオランダ勢に食い込み銅、1000mでは惜しくも銀、そして金メダルを取りたいと臨んだパシュートで金メダル。

金、銀、銅のコンプリートはたまげました。

男子フィギュアの1・2位でのフィニッシュなど、しびれましたね!!ネットやテレビでもかなり盛り上がってますね。

それぞれの選手にドラマがあるんだろうなーなんて思いながら、毎日観戦してます。

ある方のTwitterで「日本人選手を応援しながら見るのは面白いけど、ライバルの情報を知ることでもっと面白くなるのに…」とつぶやいてつぶやいていた方がいて、まさしくそれ!!

事前に他国の強敵の情報があるほど、その競技の難しさや、凄さがわかるし、背景やストーリーも楽しめますよね!

錦織がご存知レジェンドフェデラーに勝ったらテニスプレーヤーは当たり前に盛り上がりますよね?あのフェデラーに勝った!!すげぇ!!

テニスを知ってる方ならフェデラーが半端じゃない数の伝説を積み上げてきていてる神様のような選手というのを知っていますが、テニスを知らない人にはフェデラーは見たことある程度かと思います。

だから今年度に錦織選手がフェデラーに勝っても、そんなに熱も入らないですよね!これがランキング下位の選手ならなおさらです。昔、松岡修造氏が全米オープンの解説をしていた時はホントに面白かった。

オリンピックももっと見ながら情報入手を促すサービスがあればいいなぁ。各局昔よりは詳しいレジェンドクラスの解説者がついているんだけど、これくらいこの選手は凄いんだよみたいなのを試合見ながら見れるたりすると、その競技をやったことない人や知らない人が観ても楽しめるかと…でもDAZN(ダゾーン)とかネット系はもうすでにあるのかな?

話はテニスへ、今回全豪オープンのフェデラーの2連覇、冬季オリンピックでの小平選手などの活躍でいわゆるベテラン選手の活躍が耳に入ります。それと反対に若手選手の台頭!

スポーツ全般において選手寿命が延びているなぁってひしひし感じます。レジェンド葛西選手もそのひとりですね。

また選手寿命が延びている一方で卓球の張本選手や全豪オープンでも活躍したコスチュクのような10代の選手の活躍も目覚ましいです。

僕は勝手にトレーニング方法や食事などの栄養管理が進歩してるのと、各競技の成熟度がかなり深まっているからだなって考えています。

もちろん活躍は本人やチームの想像を絶するような努力があってことの結果ですが、テニスにおいてはA・ズべレフやディミトロフなんかは若きスター選手で安定して勝っているのに中々タイトルは獲れなかったり。昔は10代でのタイトルホルダーは珍しくなかったし…ほんとにシビアだ、進化してるなって。

ただ思うのは「選手凄いなぁ。」でも私たち一般のプレーヤーは?

競技は年々進化して目覚ましい成長を遂げているのに、一方で一般のプレーヤーにはそれが中々アウトプットされてないんじゃないのかな?って思ったりするわけです。

もちろんプロやトップ選手の練習なんて一般の愛好家がやったらケガしちゃうし、ましてやプロを目指しているわけではないのは承知です。ただトップレベルの練習のエッセンス的なものは知っているだけで、競技の見方が変わるし、競技全体のレベルアップにつながるのは間違いないと思うんです。

テニスでいえば、サイドステップを多用する移動とか、ボレー、ストロークは横向き作ってからとか…

打ち方、やり方先行での情報がいまだにたくさん出回っていること。

ボール遊びの延長上に相手とラリーをして点を取る競技のテニスがあるっていうことが大事な気がします。

その中でショット、フィジカル、駆け引きというツールを組み合わせて試合に勝つ。

そして皆さんが気なるショットの上達には「こんなボールが打てるようになりたい!」という気づきと気持ち、フィットネスと反復がホントに大事な気がする今日この頃です。

そんなことも今年は書いていきたい!

良くわからない文章になりましたが、早く暖かいシーズンでテニスをできるのが楽しみです。

がんばれニッポン!!

シェアする

フォローする